トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

論文一覧

主要な著書・論文リスト

学術誌論文

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2005年
  • 和泉 潔, 社会シミュレーションを人工知能の試験台に, 人工知能学会誌, 20巻3号 p. 264, 2005.
  • 和泉 潔, 人工市場によって市場を理解しデザインする, ECOFORUM, 統計研究会, 23巻 2号, 20頁〜27頁,2005.
  • 車谷 浩一・山下 倫央・野田 五十樹・和泉 潔・松尾 豊, 道路交通ネットワークのダイナミクスと群ユーザ支援, 人工知能学会誌, 20巻3号 p. 296-304, 2005.
  • K. Izumi, S. Nakamura, and K. Ueda: Development of an artificial market model based on a field study, INFORMATION SCIENCES, vol. 170, no. 1, pp. 35-63, 2005.
2004年
  • 和泉 潔: 人工市場シミュレーションによる経済理論の検証, シミュレーション, 23巻pp. 183-190, 2004.
  • 和泉 潔, 人工市場: 市場現象のエージェントベースモデル, 計測と制御, 計測自動制御学会, Vol.43, No.12, pp.950-955, 2004.
2002年
  • 和泉 潔, 人工市場の作り方: ヤッコーにならないために, システム/制御/情報, 46 巻 9 号 547 頁〜 555 頁, 2002.
2001年
  • 中島 秀之、橋田浩一、和泉 潔、野田 五十樹 他,情報インフラに基づくグラウンディングとその応用,コンピュータソフトウェア,18-4,pp.48-56、2001.
  • K. Izumi and K. Ueda, Phase Transition in a Foreign Exchange Market: Analysis Based on an Artificial Market Approach, IEEE Transactions on Evolutionary Computation, Vol.5, No. 5, pp 456-470, 2001.
2000年
  • 和泉 潔・植田 一博, 人工市場アプローチによる為替シナリオの分析, コンピュータソフトウェア Vol.17, No. 5, pp 47-54, 2000.
  • 出口 弘・和泉 潔・塩沢 吉典・高安 秀樹・寺野 隆雄・佐藤 浩・喜多 一, 人工市場を研究する社会的および学問的意義, 人工知能学会誌, Vol.15, No. 6, pp 982-989, 2000.
  • 和泉 潔・植田 一博, 人工市場入門, 人工知能学会誌, Vol.15, No.6, pp 941-950, 2000.
1999年
  • K. Izumi and K. Ueda, ANALYSIS OF DEALERS' PROCESSING FINANCIAL NEWS BASED ON AN ARTIFICIAL MARKET APPROACH, Journal of Computational Intelligence in Finance, Vol. 7, pp. 23-33, 1999.
  • 和泉 潔・植田 一博, コンピュータの中の市場: 認知機構をもつエージェントからなる人工市場の構築とその評価, 認知科学, 6巻1号31-43頁, 共立出版, 1999.

著作

2013年
  • 川久保 佐記, 和泉 潔, 「第10章 金融市場分野における危機管理」in 板生 清 監修, 「危機管理方法論とその応用」, シーエムシー出版, pp. 197-214, 2013.
  • 電気学会 編, 電気学会125年史, 「エージェントシミュレーション」, pp. 525-526, 電気学会, 2013.
2012年
2009年
  • 下村政嗣 山口智彦, 自己組織化ハンドブック, エヌ・ティ−・エス, 2009年.
2007年
  • K. Izumi: Analysis of Efficiency and Accuracy of Learning in Minority Games, New Frontiers in Artificial Intelligence, Lecture Note in Computer Science, Vol. 3609, pp. 103-113, 2007.
2006年
  • S. Kurihara and K. Izumi: Agent network dynamics and intelligence, New Frontiers in Artificial Intelligence, Lecture Note in Computer Science, Vol. 4384, pp.237-238, 2006.
  • T. Yamashita, K. Izumi, K. Kurumatani: Information sharing for smooth traffic in road networks, LECTURE NOTES IN ARTIFICIAL INTELLIGENCE, Vol. 4012, pp. 330-339, 2006.
2005年
  • 産業技術総合研究所編, 『複雑現象工学 - 複雑系パラダイムの工学応用 -』, プレアデス出版, 2005年
  • K. Izumi, Analysis of Learning Types in an Artificial Market, in P. Davidsson et al. (eds.), Multi-Agent and Multi-Agent-Based Simulation, Springer, pp. 145-158, 2005.
2003年
  • 和泉 潔, 『人工市場 市場分析の複雑系アプローチ』, 森北出版, 2003.
2002年
  • 安富 歩, 池上 高志, 和泉 潔, 『複雑系という科学,複雑系経済学へのアプローチ』, 東洋経済新報社, 2002.
  • K. Izumi & K. Ueda, Using an Artificial Market Approach to Analyze Exchange Rate Scenario, in S.-H. Chen (eds.), Evolutionary Computation in Economics and Finance, MIT Press, pp.135-157, 2002.
2001年
  • K. Izumi, An Artificial Market Analysis of Development of Market Complexity, Agent-Based Approaches in Economic and Social Complex Systems, IOS Press, pp. 47-58, 2001
  • K. Izumi, Complexity of Agents and Complexity of Markets, New Frontiers in Artificial Intelligence, Springer Verlag, pp110-120, 2001.
2000年
  • 和泉 潔・植田 一博, 金融市場における意図せざる協調現象: 人工市場アプローチによる分析, 植田一博・岡田猛編,『協同の知を探る: 創造的コラボレーションの認知科学』共立出版, pp 199-227, 2000.
  • K. Izumi and K. Ueda, Learning of Virtual Dealers in an Artificial Market: Comparison with Interview Data, in K.S. Leung, L.-W. Chan., and H. Meng (eds.), Intelligent Data Engineering and Automated Learning - IDEAL2000, Springer Verlag, pp 511-516, 2000.

口頭発表

2016年
  • [口頭発表] 水田 孝信, 小杉 信太郎, 楠本 拓矢, 松本 渉, 和泉 潔, ダーク・プールが市場効率性と価格発見メカニズムに与える影響 〜人工市場モデルと数式モデルを用いたメカニズムの分析〜, 第16回人工知能学会金融情報学研究会, 2016年3月28日, 東京
  • [口頭発表] 西岡 伸, 鳥居 拓馬, 和泉 潔, マーケットメーカーとダーク・プールの相互作用が市場の効率性に与える影響:人工市場アプローチによる分析, 第16回人工知能学会金融情報学研究会, 2016年3月28日, 東京
  • [口頭発表] 劉 恩達, 伊藤 友貴, 和泉 潔, Comparison among multilingual financial words using the word2vec and clustering with news resources for automatic creation of financial dictionaries, 第16回人工知能学会金融情報学研究会, 2016年3月28日, 東京
  • [口頭発表] 水田孝信, 小杉信太郎, 楠本拓矢, 松本渉、和泉潔,ダーク・プールが市場効率性と価格発見メカニズムに与える影響 〜人工市場モデルと数式モデルを用いたメカニズムの分析〜, 第44回ジャフィー大会, 2016年1月14日,東京
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
  • 和泉 潔, 室内移動シミュレーションのための 軌跡マイニング, 人工知能学会 創立25周年記念 合同研究会・シンポジウム, 2011年12月14日, 横浜.
  • 八木 勲、水田孝信、和泉 潔, 人工市場を用いた市場暴落後における反発メカニズムの一考察, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011(JAWS2011), 2011, 熱海, (2011.10.26-28)
  • 水田 孝信, 八木 勲, 和泉 潔, 株式市場急落後の反発に関する分析 〜シミュレーション研究との比較〜,2011年 第35回ジャフィー大会, 2011年10月14日 東京.
  • 松井藤五郎,石田智也,中嶋啓浩,和泉潔,吉田稔,中川裕志, 新聞記事を対象とした時系列テキスト分析による市場予測, 第7回 人工知能学会 ファイナンスにおける人工知能応用研究会(SIG-FIN), 2011年10月1日 東京.
  • 八木 勲, 水田 孝信, 和泉 潔,人工市場を用いた市場暴落後における反発メカニズムの一考察, 第7回 人工知能学会 ファイナンスにおける人工知能応用研究会(SIG-FIN), 2011年10月1日 東京.
  • 水田 孝信, 八木 勲, 和泉 潔,株式市場急落後の反発に関する分析 〜シミュレーション研究との比較〜, 第7回 人工知能学会 ファイナンスにおける人工知能応用研究会(SIG-FIN), 2011年10月1日 東京.
  • [招待講演] 和泉 潔, エージェントシミュレーションは リスク予防に役立つか, 日本ソフトウェア科学会第28回大会, 2011年9月29日, 那覇.
  • [チュートリアル講演] 和泉 潔, 実世界と エージェントシミュレーションの現状と課題, 平成23年(2011年)電気学会 電子・情報・システム部門大会, 2011年9月8日,富山.
  • 和泉潔, 後藤卓, 松井藤五郎, 経済リポートのテキスト分析による金融市場動向推定, 信学第1回テキストマイニング・シンポジウム. 2011年7月8日, 東京.
  • 八木 勲,水田 孝信,和泉 潔, 人工市場を用いた空売り規制による株式市場の影響分析, 第28回応用経済時系列研究会, 2011年6月25日, 東京.
  • 和泉 潔,池田 翔,石田 智也,中嶋 啓浩,松井 藤五郎,吉田 稔,中川 裕志,本多 隆虎 , テキスト分析による業種別平均株価の動向推定, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回), 2011年6月2日, 盛岡.
  • 吉田 稔,中川 裕志,石田 智也,中嶋 啓浩,松井 藤五郎,和泉 潔,池田 翔,本多 隆虎 , ニュース記事クラスタリングによる取引高予測の試み, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回), 2011年6月2日, 盛岡.
  • 松井 藤五郎,後藤 卓,和泉 潔,陳 , 複利型強化学習を用いた国債銘柄選択, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回), 2011年6月2日, 盛岡.
  • [招待講演] 和泉潔, 松井藤五郎,Web上のテキストから金融市場が予測できるか 〜 金融テキストマイニング研究の紹介 〜, 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会, 2011年5月26日, 東京.
  • [招待講演] 和泉潔, 実世界とエージェントシミュレーション, 電気学会 全国大会.
  • [招待講演] 和泉潔, 松井藤五郎, 金融市場におけるテキストマイニング, 電子情報通信学会 総合大会.
  • [招待講演] 和泉潔, 「みんなの気分」で株式市場が分かるか, 日本経営工学会 「予測市場と集合知活用」研究部会, 2011年3月11日, 東京.
  • 吉田稔,中川裕志,石田智也,中嶋啓浩,松井藤五郎,和泉潔,池田翔,本多隆虎,ニュース記事の見出しを利用した取引高予測の試み,第6回ファイナンスにおける人工知能応用研究会, 2011.
  • 余野京登,和泉潔,後藤卓,松井藤五郎,陳, 英文経済レポートのテキストマイニング分析ツールの開発,第6回ファイナンスにおける人工知能応用研究会, 2011.
2010年
2009年
  • 和泉潔, 後藤卓, 松井藤五郎, テキスト情報による金融市場変動の要因分析, 2009年度人工知能学会全国大会(第23回), 3G3-OS12-3 (2009).
  • 和泉潔, 後藤卓, 松井藤五郎, テキスト情報による複数金融市場の分析, 第2回ファイナンスにおける人工知能応用研究会, 2009年1月25日
  • 八木 勲, 水田 孝信, 和泉 潔: “株式市場における空売り規制による影響分析,” システム創成学第二回学術講演会, 2009.
  • 八木 勲, 水田 孝信, 和泉 潔: “空売り規制が与える株式市場への影響分析,” 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2009(JAWS2009), 2009.
  • 八木 勲, 水田 孝信, 和泉 潔: 人工市場を用いた株式市場における空売り規制の有効性分析,第3回ファイナンスにおける人工知能応用研究会, SIG-FIN-003, 2009年9月12日.
  • 和泉潔, 後藤卓, 松井藤五郎: テキスト情報による金融市場の逐次外挿予測,第3回ファイナンスにおける人工知能応用研究会, SIG-FIN-003, 2009年9月12日.
  • 八木 勲, 水田 孝信, 和泉 潔: “人工市場を用いた株式市場安定化策としての空売り規制の有効性検証,” 第31回日本金融・証券計量・工学学会 (JAFEE) 夏季大会, 2009.
2008年
2004年
  • 和泉 潔,山下 倫央,車谷 浩一, 進化的アルゴリズムは人工市場にふさわしいか?, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2004 (JAWS 2004) , pp 339-345, 2004.
  • 和泉 潔,山下 倫央,車谷 浩一 , ネットワーク構造とナビゲーションアルゴリズムの有効性, 第136回 知能と複雑系研究会, 情報処理学会, pp 33-40, 2004.
2001年
2000年
1999年
1998年
1996年
  • 和泉 潔・大勝 孝司 (1996), 人工市場モデルによる外国為替ディーラーの 学習行動の分析, 情報処理学会人工知能研究会報告, Vol.96, No.106, pp91-98.
1995年
  • 和泉 潔・大勝 孝司 (1995), 人工市場アプローチによる為替レートの分析, 情報処理学会人工知能研究会報告, Vol.95, No.102, pp7-12.
  • 和泉 潔・大勝 孝司 (1995), 遺伝的アルゴリズムを用いた外国為替市場のシミュレーション, 第9回人工知能学会全国大会, pp 347-350.

会議論文

2016年
  • Takuma Torii, Tomio Kamada, Kiyoshi Izumi, Kenta Yamada, Platform Design for Large-Scale Artificial Market Simulation and Preliminary Evaluation on the K computer, AROB 22nd 2017 (Jan. 19-21, 2017. B-Con PLAZA, Beppu. JAPAN) symposium
2015年
  • Takuma Torii, Kiyoshi Izumi, Kenta Yamada, Shock transfer by arbitrage trading and the role of circuit breakers, The 21st International Conference on Computing in Economics and Finance 2015 (CEF2015), Taipei, Taiwan, June 20--22, 2015.
2014年
  • Kiyoshi Izumi, Whole Tokyo Stock Exchange Market Simulation Project: Design of Financial Market Regulations using Agent-based Simulation, JST/CREST International Symposium on Post Petascale System Software,2014年12月3日.
  • Takuma Torii, Kiyoshi Izumi, Kenta Yamada. ``Whole Tokyo Stock Exchange Market Simulation Project: Design of Financial Market Regulations using Agent-based Simulation''. JST/CREST International Symposium on Post Petascale System Software (ISP2S2), IRC of Kobe University and RIKEN AICS, Kobe, Japan, December 2-4, 2014.
  • Naoki Matsumura, Kiyoshi Izumi, Kenta Yamada, A Marketing Simulation of a Retail Store with the Consumer Reactions to Stock-outs, Social Modeling and Simulations + Econophysics Colloquium 2014, Kobe,2014年11月5日.
  • Yuki Kusada, Tkanohbu Mizuta, S. Hakawa,Kiyoshi Izumi, Impacts of Position-Based Market Makers on Markets' Shares of Trading Volumes - An Artificial Market Approach, Social Modeling and Simulations + Econophysics Colloquium 2014,Kobe,2014年11月5日.
  • Takuma Torii, Kiyoshi Izumi, Kenta Yamada, Multi-Asset Artificial Market Simulation:Test of Market-wide Circuit Breaker Regulation, Social Modeling and Simulations + Econophysics Colloquium 2014,Kobe,2014年11月5日.
  • Takanobu Mizuta, Kiyoshi Izumi, Isao Yagi and Shinobu Yoshimura,” Regulations' Effectiveness for Market Turbulence by Large Mistaken Orders using Multi-Agent Simulation”, IEEE Computational Intelligence for Financial Engineering and Economics 2014, London, 2014年3月27日.
  • 2014年3月27日, Takanobu Mizuta, Shintaro Kosugi, Takuya Kusumoto, Wataru Matsumoto and Kiyoshi Izumi, Do Dark Pools Stabilize Markets and Reduce Market Impacts? -- Investigations using Multi-Agent Simulations --, IEEE Computational Intelligence for Financial Engineering and Economics (CIFEr2014), March 27-18, 2014, London,UK.
    • 3rd Best Paper Award
2013年
  • 2013年9月13日 Takanobu Mizuta, Satoshi Hayakawa, Kiyoshi Izumi and Shinobu Yoshimura:Simulation Study on Effects of Tick Size Difference in Stock Markets Competition, Proceedings of The 8th International Workshop on Agent-based Approach in Economic and Social Complex Systems (AESCS2013), pp.235-246, Shibaura Institute of Technology, Tokyo, JAPAN, (2013.9.11-13).
  • Takanobu MIZUTA, Kiyoshi IZUMI, Shinobu YOSHIMURA, Price Variation Limits and Financial Market Bubbles: Artificial Market Simulations with Agents’ Learning Process, 2013 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (SSCI), CD-ROM, Singapore, (2013.4.16-19)
2012年
  • Chi WANG, Kiyoshi IZUMI, Takanobu MIZUTA, and Shinobu YOSHIMURA, Investigating the Impact of Trading Frequencies of Market Makers: a Multi-agent Simulation Approach, 4th World Congress on Social Simulation, Taiwan, Sep. 4-7, 2012.
2011年
  • Kiyoshi Izumi, Space Design by Agent Simulation based on Real Trajectory Data, SICE2011, Tokyo, Sep. 14, 2011.
  • Tohgoroh Matsui, Takashi Goto, Kiyoshi Izumi, Yu Chen, Compound Reinforcement Learning: Theory and An Application to Finance, The 9th European Workshop on Reinforcement Learning,, Greece, Sept 2011.
  • F. Toriumi, I. Okada, H. Yamamoto, H. Suwa, K. Izumi and Y. Hashimoto, Classification of Social Network Sites based on Network Indexes and Communication Patterns, International Workshop on Social Web Mining, 18 July 2011, Spain.
2010年
  • Kiyoshi Izumi, Takashi Goto, Tohgoroh Matsui, Trading Tests of Long-Term Market Forecast by Text Mining, Proceedings of 2010 IEEE International Conference on Data Mining Workshops, pp. 935-942, 2010.
  • Atsushi Nara, Kiyoshi Izumi, Hiroshi Iseki, Takashi Suzuki, Kyojiro Nambu, Yasuo Sakurai, Surgical Workflow Monitoring based on Trajectory Data Mining, Proceedings of International Workshop on Innovating Service Systems (ISS2010), 2010.
2009年
  • F. Toriumi, K. Izumi, and H. Matsui, Market Participant Estimation by using Artificial Market, The 1st Workshop on Multi-Agent Simulation in Finance and Economics, 2009.
  • I. Yagi, T. Mizuta, and K. Izumi, A study on the market impact of short-selling regulation using artificial markets, The 1st Workshop on Multi-Agent Simulation in Finance and Economics, 2009.
  • A. Nara, K. Izumi, H. Iseki, et.al., Trajectory Data Mining for Surgical Workflow Analysis, Geocomputing, 2009.
  • A. Nara, K. Izumi, H. Iseki, et.al., Surgical Workflow Analysis based on Staff’s Trajectory Patterns, The 1st Workshop on Modeling and Monitoring of Computer Assisted Interventions, 2009.
  • I. Yagi, T. Mizuta and K. Izumi, A study on the effectiveness of short-selling regulation using artificial markets, The 9th Asia-Pacific Complex Systems Conference, 2009.
2008年
  • K. Izumi, T. Goto, T. Matsui: Long-Term Market Analysis using Text Mining, The 7th International Conference on Computational Intelligence in Economics and Finance, 2008.
2007年
  • K. Izumi, H. Matsui, and Y. Matsuo: Market Impact Analysis by Socially Embedded Multi Agent Simulation, Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science, 2007.
  • K. Izumi, F. Toriumi, and H. Matsui, Artificial Market 2.0: From Simulation to Service, The Fifth International Workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems, 2007.
  • K. Izumi, H. Matsui, and Y. Matsuo: A Self-Impact Analysis by Artificial Market Simulation, Computational Intelligence and Data Mining, 2007.
  • K. Izumi, H. Matsui, and Y. Matsuo: Socially Embedded Multi Agent Based Simulation of Financial Market, Autonomous Agents and Multi-Agent Systems, 2007.
  • K. Izumi, H. Matsui, and Y. Matsuo: Integration of Artificial Market Simulation and Text Mining for Market Analysis, Hybrid Information Technology, 2007
2005年
  • H. Matsui, K. Izumi, and S. Tojo: Learning Foreign Exchange Intervention Policies with an Artificial Market, Proceedings of 8th Joint Conference on Information Science, pp. 841-844, 2005.
2004年
  • K. Izumi, T. Yamashita, and K. Kurumatani: Reward Mechanism of Agent Types in Minority Games, Proceedings of Second Conference of the European Social Simulation Association, ESSA 04, 2004.
  • K. Izumi, T. Yamashita, and K. Kurumatani: Analysis of Learning Types in an Artificial Market, Proceeding of Joint Workshop on Multi-Agent and Multi-Agent-Based Simulation, 2004.
  • K. Izumi, T. Yamashita, and K. Kurumatani: Control of Learning Types for Efficient Resource Allocation, Proceedings of North American Association for Computational Social and Organizational Science, 2004.
  • K. Izumi, T. Yamashita, and K. Kurumatani: Analysis of Efficiency and Accuracy of Learning in Minority Games, Proceedings of THE THIRD INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON AUTONOMOUS AGENTS AND MULTI-AGENT SYSTEMS, 2004.
  • K. Izumi, T. Yamashita, and K. Kurumatani, Analysis of Complexity and Time Restriction in Resouces Alllocation Problems, Proceedings of the 9th Workshop on Economics and Heterogeneous Interacting Agents (WEHIA2004), 2004.
2002年
  • K. Izumi, Does Learnig by Market Participants Make Financial Markets Complicated?, AAAI Workshop Multi-Agent Modeling and Simulation of Economic Systems, 2002.
  • K. Izumi, Micro-macro relation in artificial market models, Proceedings of the 6th International Conference on Complex Systems 2002, pp. 36-43, 2002.
  • K. Izumi, S. Nakamura, K. Ueda, Identification of Agents’ Strategy Making Process by an Experimental Market, Proceedings of the 6th Joint Conference on Artificial Intelligence, pp. 1081-1084, 2002.
  • K. Izumi, Analysis of the Relation between Complexity of Agents and Complexity of Markets in an Artificial Market, Proceedings of Fourth International Conference on Computational Intelligence and Multimedia Applications (ICCIMA 2001), pp. 29-33, 2002.
2001年
2000年
  • K. Izumi and K. Ueda, Phase Transition in a Foreign Exchange Market: Analysis Based on an Artificial Market Approach, in Proceedings of Symposium on Empirical Science of Financial Fluctuations, pp 33-34, 2000.
  • K. Izumi and K. Ueda, Analysis of Thought Processes of Virtual Dealers in an Artificial Market, in P.P. Wang (eds.), Proceedings of the Fifth Joint Conference on Artificial Intelligence, vol. 2, pp 891-894, 2000.
1999年
1998年
1996年